VOA日記

小さな傷が、買い取り価格を大きく左右します

私は当時、ホンダのフィットに乗っていましたが、いろいろな事情から、車を買い替えて気分を一新することにしました。
新しく購入したのは、トヨタのプリウスです。
トヨタのディーラーで車を買うときに、フィットは下取りに出すことにしました。
私のフィットは、シルバーで、その時点で、6,7年落ちくらいだったと思います。
自分は、車を売却するのは、初めてのことだったので、相場なども知らないまま、ディーラーに任せてしまいました。

 

ディーラーの方が、フィットを査定してくれました。

あちこち、丁寧に見て、最終的に提示された金額は
な、なんと「1万円」でした
付いた値段の安さに、唖然としてしまいました。
せめて10万円くらいはつかないかなあと思っていたので。
始めは聞き間違いかと思いました。
「え?1万円ですか?」
と聞き返すと、
「はい、一万円です。」
と。そして、ディーラーの方は、さらにこう話をつづけました。
「こちらの車は、本来は、残念ながら、値段が付きません。
 ですが、うちのディーラーで車を購入していただいていますし、
 サービスとして、1万円つけさせていただきました」
なんと、本当は、0円の価値しかないというのです。
たしかに、6、7年もたてば、ある程度古びてきて、新車のようなツヤやきれいさはないけれど、
日常その車に乗っていても、全く問題なく使用できていたもので、
まだまだ乗れるのに、値段が付かないなんてとショックを受けてしまいました。

 

ところが、もう少し、査定をしてくれた方の話を聞くと、

なぜ、0円なのか分かりました。
実は、査定をしてもらったフィットのフロントガラスに傷があったのです。
自分では気づかないほどの、小さな小さな傷(ひび)でした。
石がはねて、当たったところが少し欠けたという感じの傷です。
なんでも、フロントガラスの傷やひびは、非常に危険なので、そのままでは
車検で通らないというのです。
車検で通るには、フィットのフロントガラスを新しいものに交換しなくてはならず、
その材料費、工賃として、かなりの金額がかかってくるというのです。
その金額を差し引くと、フィットは0円にしかならないというのでした。

 

その説明を聞いて、ようやく納得がいきました。
もし、走行中にフロンドガラスが割れてしまったりしたら、危険だし、
新しいものに交換しようとすると、確かに何万円もするだろうなあと思いました。

 

自分では、見過ごしてしまうほどの、小さな傷が、車の買い取り価格を大きく左右することがあるのだと、
今回勉強しました。

そして、自分では、見落とすほどの、小さな小さな傷も、プロの方の目は、ちゃんと見つけてしまうんですね。
これもまた、今回いい勉強になりました。

2015/06/08 02:08:08 |

自分の愛車を高く売るポイントをまとめてみました。

 

○査定前には必ず掃除をしましょう

中古車高価買取りの重要なポイントは、車種や年式もそうですが、その車の程度も重要なポイントなんです。査定前は、ボディーの水洗い・車内やトランクルームも軽く掃除をしてください。特にタバコ臭やペット臭が気になる場合は、脱臭剤や消臭剤を使用するなど、そんな臭いを無くすか和らげるだけでも査定時の印象が随分と変わってくるものです。
最近シガーライターへの差込式の消臭プラグや車用「バルサン」など車内を密閉しエアコンの臭いのすみかと言われる「エバポレーター」まで侵入し消臭するような商品もでておりますので
タバコやペット臭がきつい場合は試してみる価値はあるかと思います。

 

○売る(売却)タイミング

中古車相場は、毎日変動しています。車も人間と同じように1年毎に年をとっていきます。中古車売却を思い立ったら、できるだけ早めの査定・売却をおこなうのがなによりも基本です。
ただ忘れてはならないのが、企業の決算時期(2〜3月)とボーナス時期(8月、12月)やGW(4,5月)やお盆正月などの大型連休前です。これらの時期は、
買替需要が一般的に高まる時期といわれてますので、買い取りを有利に勧められる可能性があるのでこのタイミングで査定を受けるのもよいでしょう。
なお、即日売却が可能な場合は、買取店へすぐに伝えることにより、交渉自体がしやすくなり、売却額の一層のアップも期待できるかもしれません。

 

○売却(買取)前にやってはいけない事

 中古車査定前にあったキズ・ヘコミを板金修理したりすることは査定額がよくなり、一見印象がよくなるような感じがしますがそうではありません。事故歴や修復歴はどんなにお綺麗に治しても自動車査定士からみれば直ぐにわかってしまいます。査定額は、修理に掛かった費用をそのまま査定上に乗せしてくれる程甘くはありません。修理してもしなくても、修理歴、事故歴としてのマイナス評価は逃れることはできませんので、あえてここで修理されることは、トータルで間違いなくマイナスになるでしょう。なお、修理と同じように査定前に車検が切れた(切れそう)からと言って「車検」を取ってから査定受けるなどと言ったことも前記に同じく、あまりオススメしません。査定前に、修理をして車を綺麗にし、まもなく切れる車検を通すと一見見映えもよくなりますが、これでかかった費用分が査定時の買取額に満足に加算されることは100%ないでしょう。